一人暮らし お金

家賃はどれくらい?

一人暮らしの生活費の中でも、大きなウエイトを占めるのが家賃です。毎月決まった額を支払っていくわけですが、その金額は数万単位。
他の生活費と比べて節約するのは難しい、定額費用となります。安いところに引っ越すとしても、それが原因で生活しずらくなってしまっては大変です。節約の為に安い部屋を借りるとしても、許容範囲というのを守るようにしないといけません。

 

そんな家賃の上限の目安としてはいくらぐらいかというと、毎月の収入の3割以内に抑えるのがいいといわれています。とはいえ、それなりに勤続年数が長い人であればまだしも、まだ社会人になりたての人にとっての3割というのは、そうそう大きな金額にはなりません。例えば、月収が15万であると、5万円以内の部屋を探さなければいけないということです。都市部になるほど家賃は高くなりますので、5万円で探すのも難しいものとなるのです。

 

家賃が安い部屋となると、駅から遠いところにある部屋や築年数が古かったり、周辺にスーパーやコンビニなどがない…そんな、ちょっと不便を感じるようなところがあるところとなります。また、家賃はその物件のセキュリティにも関係してきます。ですから、安ければ安いほど、その物件のセキュリティもそこまでしっかりとしたものではないいえ…この場合、女性の一人暮らしにはあまりオススメする事ができません。

 

どうしても家賃が高くなってしまう場合は、他の生活費の中で切り詰められるものを探しておきましょう。5割以上となると、急な出費などにも対応することが難しくなってしまいますし、かなり他の面でも不自由さを感じることが多くなってしまいますので気をつけましょう。

 

一人暮らしでは、テレビドラマに出てくるような素敵な部屋に住みたいとおもうところですが、現実としては収入とのバランスを考えて決めることとなります。駅からの距離や周囲にあるお店、セキュリティなど、実質的な事も十分に考慮して決めるようにしましょう。


1ヶ月10万円で暮らせるのか?

一人暮らしに生活は、よほどのバックアップがなければリッチな生活をすることなどできません。新社会人であればお給料もそうそう高くないですし、学生であればアルバイトですから、体調次第でその月の手取りが減ってしまいます。もし、手取り10万といった金額になってしまったら…はたして生活する事ができるのでしょうか。

 

結論的には、10万でも生活する事はできます。ですが、いろいろと工夫をする必要はあるでしょう。家賃は固定なので節約できませんが、光熱費は生活に支障がでないところまで抑えるようにするといいでしょう。

 

また、一番抑えやすいのは食費と雑費です。外食は抑えて自炊を中心とした食生活にしますが、きちんと毎回作らなくても、レトルトやスーパーのお惣菜を活用してもいいですね。雑費…つまりは生活雑貨は100円均一をうまく利用するようにしましょう。また、普段の生活で使っている物は大切にし、必要は手入れを施すことでかかるお金を安く抑えることができます。10万円で生活するには、物を大切に扱うことはもちろんある程度の工夫も必要となるのです。