一人暮らし お金

一人暮らしにかかる1ヶ月の金額

一人暮らしにかかる食費は、平均してどれくらいになるのでしょうか?まず、自炊する人と外食する人では、1ヶ月にかかる食費はまったく異なるものとなり、その差も大きなものとなります。負担が大きいのは、もちろん外食です。食費は一番に節約できる部分でもありますので、無駄に外食ばかりに頼るのではなく、自炊もしながら外食も取り入れるようにするといいですね。

 

スーパーのチラシなどを集めたサイトもあったりするので、今では新聞をとってなくても場合によってはインターネットで観覧が可能となっています。タイムエールや特売などの安い時を狙って買い物したり、会社や学校にはお弁当を作ってもっていくようにしてもいいですね。最近では、弁当男子といった言葉がはやっている事もあり、男性でも自炊している人が少なくないのです。

 

そんな一人暮らしにかかる食費は、平均して2〜3万円となっています。外食をメインとしている人は、3万円を簡単に超えてしまうようで…なかには10万を超えてしまう人もいるのですからすごいものです。お昼をコンビニ弁当ですませるとなると500円〜800円ぐらいはかかりますし、定食屋さんやラーメン屋さんなどで外食するとなると1,000円を超えてしまいます。こうした食事を続けていれば、1ヶ月で10万なんてあっというまに届いてしまうのも無理ないことといえます。

 

食費は工夫次第でぐっと予算を抑えることもできますが、楽する事ばかりしているとドーンと上がってしまいます。入ってきたお金を食費で大きく使ってしまうのはもったいないといえますから、外食などはほどほどに楽しむようにして、自炊を中心とした食生活が送れるようにしたいですね。一人暮らしで自炊ができるようになると、それはずーっと生活の中で活かされていくものとなります。


まとめ買いが節約の鍵となる

一人暮らしの食費の節約は、意外と難しいもの。一人暮らしを始めた頃であれば尚のことでしょう。それまで実家で料理を多少はしていた人であればそこそこできるかもしれませんが、それでも一人分の食材を調整していくのは、最初の頃はなかなか感覚をつかむのが難しいもの。暮らしていく中で、その感覚が身についていくでしょう。

 

食費の節約では、まとめ買いができるようになるといいです。まとめ買いは大人数のファミリー向けのように思えますが、一人暮らしでも上手にまとめ買いする事でかなりのロスを抑えることができます。

 

ただ、賞味期限などに注意した保存方法をとらないと逆に大きなロスを招く事にもなりかねませんので、そこらへんは注意が必要です。また、まとめ買いをすることで、無駄な食材をついつい買ってしまうことも避けることができる…といったメリットもあるのです。
しかも、まとめ買いは買い物に行く時間をカットしますので、時間の節約にもなるのです。上手にまとめ買いができるようになれば、これほど大きな節約術になることはないでしょう。

 

まとめ買いしてきた食材は調理して、小分けして冷凍庫に保存しておきます。そうすることで、別の日に調理する事なく食べる事ができます。ただし、冷蔵庫に食材を詰めすぎてしまうと、消費電力を無駄に消費するだけでなく何が入っていたのか把握しにくくなることもあるので注意が必要です。