一人暮らし お金

生活費と収入のバランス

一人暮らしをすると、どんな事にどれだけのお金がかかるのか…なかなかわかりにくいもの。暮らしていく中でわかる部分もあるので、まずはざっくりと考えられる項目ぐらいは把握しておくようにすると安心です。この生活費というのは、固定費と変動費といった2種類に分けることができます。

 

固定費とは、毎月変わらずに支払わなければ行けない費用の事をいい、家賃や水道光熱費、携帯電話などがそれにあたります。変動費とは、その月の利用状況によって変わるお金で、食費や交際費、医療費などをいいます。

 

1ヶ月のお金の支出を管理するには、まず収入から固定費を引いてしまうことが大事。残ったお金で変動費をまかなうようにします。一人暮らしをスタートさせたばかりの頃は難しいかもしれませんが、貯金に回せるお金も確保できるようになると尚いいです。ですから、収入から固定費、そして貯金を引いた残りのお金を自由に使えるお金として使うといいです。とはいえ、毎月残るお金というのは、そんなに多いものとはならないかもしれません。そうしたリアルな生活費にかかる費用をみることで、お金に対する意識も変わってくるかもしれません。

 

ちなみに、厚生労働省が大卒の方を対象に初任給を調べた結果(平成21年度賃金構造基本統計調査)、平均は19万9,800円となっていました。この金額から社会保険料や所得税や住民税などの税金が引かれることとなりますので、実際に受け取る金額はもっと低いものとなるでしょう。
住民税は前年度の所得に対してかかるので、前年度に収入がない人の場合は給料から天引きされないことがほとんどです。ですが、社会人2年目となると給料から天引きされることとなるので、引かれ始めた最初の給料時にはびっくりするかもしれません。

 

会社の就業状態によっては住居や資格などに対しての手当てや、所定の時間を越えて働いた分の残業代がつくことで、月々の収入が少しばかり変動することもあるでしょう。残業代が出ると財布の紐がうっかり緩んでしまいそうですが、それは一時的なものとして、あまりあてにしないようにするのが、うまくやりくりしていく秘訣と言えます。逆に、会社で設定されている積立などで天引きされる項目があり、さらに手取りが減ることも…。


学生の厳しい生活事情

社会人の場合は就職して収入が入ってくるのでまだやりなんとかやりやすいところがあるかもしれませんが、これが学生となるとなかなか大変。
両親の手助けなくては一人暮らしなんてやっていけないのでしょう。学業の合間をぬってアルバイトで生活費を稼ぐのですから、これはこれでなかなかすごい事だといえます。

 

全国大学生活協同組合連合会がおこなった、両親からの仕送りはどれくらいの金額なのかを調査したところ、平均で7〜10万程。奨学金やアルバイトを含めると、大体12〜15万ほどを1ヶ月の生活費にしているようです。

 

とはいえ、この金額は年々減ってきているので、かなり厳しい家計状況になっているといわざるをえません。住んでいる地域にもよりますが、親の仕送りだけでは生活するのも厳しいといった側面をもっているのです。

 

このことからも、学生さんの場合は固定費をなるべく安く済ます必要があります。家賃の安い物件はもちろん、学生会館といった安く借りられる部屋を探すといいですね。お風呂やトイレ、門限や外泊の制限などの面で不自由を感じるかもしれませんが、それも自分でお金を稼げるようになるまでの我慢です。