一人暮らし お金

部屋が決まったら、次には引越し方法」

部屋が決まり、入居日が決定しました。となると、次にするのは引越し業者への依頼です。春先などの引越しシーズンは早めに決めないとどんどん遅くなってしまいますので、なるべく早めに引越し業者に依頼するようにしましょう。その際は、複数の業者に見積もりを出してもらうようにしましょう。見積もりの中から一番最適だとおもうところに依頼するようにします。

 

ちなみに、引越しは専門の業者に頼む以外にも自分でやることもできます。家族や友人に協力してもらって、レンタカーで車を借りて引っ越す方法だとより安くすむことも。引越し業者に頼むとなると、依頼する荷物の量や引越し先への距離などでその金額が決まり、安くても数万となります。

 

実家から出て初めての一人暮らしをするというのであれば、そこまで荷物も多くないでしょう。ましてや、必要な家電製品などは購入先から直接送ってもらえばいいのですから、そこまで大きな荷物も発生しません。そうしたことからも、春先の引越しシーズンなどになると、初めての一人暮らしを応援するプランなどが設定されたりします。もちろん、一人暮らしの人をターゲットとした単身パックなどもあるので、そういったプランを利用するとお得に引越しできます。

 

部屋を探すのと同時に引越し業者や、設定している料金プランなども調べておきましょう。部屋の契約をした不動産会社によっては、引越し業者を紹介してくれるところもあります。そうした場合では通常よりも安くなっている事もあるので、それも検討してみるといいでしょう。


家電製品やその他の生活用品にかかる費用

引越し業者が決まったら、今度は生活を営むために必要な電化製品をそろえなくてはいけません。電化量販店などでは、引越しシーズンと同じ時期にパック製品を販売していたりします。料金も安くて単品で購入するよりはお得なのですが、パックになっている電化製品のメーカーは選べないので注意が必要です。パックに含まれている製品が自分が欲しいと思っていた機種、メーカーだったらいいのですが、そうでないと後で後悔する事も。また、古い機種のものが含まれていることもあるので、そこらへんもよく確認してから購入するようにしましょう。

 

とはいえ、一気にすべてそろえてしまうと後で後悔することもあります。必要だと思って購入したのに、実はそんなに使うこともなかった…なんて家電を購入してしまうと、そのまま放置されて場所をとるだけでなく、使わないまま古くなって処分するのも面倒なことになってしまいます。家電製品は決して安いものではありませんので、そうした失敗をしないためにも、最初のうちは安く譲ってくれるものを探したり、レンタルで借りるのも一つの方法です。例えば、洗濯機はコインランドリーで、テレビはパソコンやスマートフォンなどで代用するとして、少しずつ納得したものを買い揃えていくのも賢い方法と言えます。安物買いの銭失いになりません。

 

家電製品以外にも、カーテンや照明、寝具、調理器具、バス・トイレ用品、キッチン用品、その他雑貨と細かいところでお金がかかってきます。最終的には家電製品とこれらのもので20万近くかかってしまいますので、その費用をどうするかも考えておかなくてはいけないのです。