一人暮らし お金

最初に払う費用

憧れの一人暮らし…まずはお部屋を探す事になるわけですが、初めてお部屋探しをする人にとっては未知なる世界。月々の家賃をきちんと払えるところを探そうとするも、最初にかかる費用の金額、そしてその内訳にびっくりするのではないでしょうか。一人暮らしを始める際には、月々の家賃を考えていればいいわけではありません。どれくらいの費用がかかるのか…その内訳と大体の金額の目安を把握しておくようにしましょう。

 

礼金…大家さんへのお礼で、家賃の0〜2ヶ月分。
敷金…預け金であり、退去時に契約書に定められた補修費用に使用されます。家賃の1〜3か月分。
前費用…家賃支払い方法が前家賃となっている場合は、契約時に翌月の家賃を支払います。
日割り家賃…契約した日から賃料が発生。月末までの家賃。前家賃と合わせた支払いになると、最大2か月分となります。
仲介手数料…不動産会社に支払う紹介料。
保険料…入居の条件として、火災保険に入ることが義務つけられていることがほとんど。
2年に一度、更新毎に支払います。
鍵交換費用…入居する際に、鍵を新しいものに変えます。

 

賃貸契約では、基本的に2年更新となっています。ですから、2年経ったら更新料というのを支払って住み続ける事になります。

 

更新料…家賃の1〜2か月分。
更新手数料…不動産会社によってさまざま。数万円から家賃1か月分。


敷金・礼金ゼロの理由

お部屋を借りる際の初期費用でも、特にその金額が大きくなりがちなのが敷金と礼金です。家賃の数ヶ月分の支払いをしなくてはならないとあって、なかなか大変です。ですが、近年では、この敷金・礼金がゼロといった物件も増えてきているのです。これは、借り手としてはとても嬉しいものですが、どうしてこのような大家さんが損をするようなサービスをおこなうのでしょうか?

 

この敷金・礼金をゼロにする大きな理由としては、空室をつくらない為…といえます。大家さんが一番に嫌がるのが、空室ができてしまう事。空室がずーっと続いてしまうと、そのれだけ家賃収入が減るということ。大家さんとしては、なにがなんでも誰かに住んで欲しいわけなのです。

 

この入居者がなかなか決まらない理由が、初期費用にあったら…敷金と礼金を減らすことでお客さんが入ってくれるということであれば、ゼロにするのも致し方ないという訳です。礼金にこだわるよりも毎月の家賃収入にこだわったほうが、最終的には利益が出るといったことなのでしょう。

 

ちなみに、ただ単に初期費用が高いが為にお客さんがなかなか入らなかった…という理由であればいのですが、なかには競売間際だったりなんらかのトラブルが発生した為に敷金と礼金を下げているところもあります。こうしたいわく付きの理由から安くなっているのであれば、それは納得した上で入居しないと後で後悔することになります。

 

敷金・礼金が安くなっていたら、どうして安くなっているのか…その理由を一応確認しておいたほうがいいですね。また、契約書をしっかりと確認し、敷金と礼金がゼロになっているけれども、なにやら別の項目で取られている節がないかどうかみておきましょう。