一人暮らし お金

一人暮らしをして初めてわかる!?親のありがたみとお金の大切さ

就職が決まって、あるいは実家から遠い学校に通うことが決まって…さまざまな理由で一人暮らしをスタートさせますが、多くの人が高校を卒業したばかりの頃か、進学先が決まってからでしょう。それまで親元で普通に暮らしており、ほとんどの事を親が…特に母親がやってくれていたことを、全て自分一人でやらなくてはいけないのですから大変です。とはいえ、一人暮らしをスタートさせて初めてわかる部分というのもあるでしょう。何気なくやってくれていた事が、実はとても大変だったことがわかり、両親へのありがたみが実感できるのです。

 

また、掃除や洗濯、食事といった生活習慣だけでなく、お金の面でもそれは同じ。就職したのであれば、毎月、会社から出される給与でなんとかやりくりしていく事になります、学生であれば両親からの仕送りだけでは難しい面もあるでしょうから、アルバイトをしてお金を稼ぐ事になるでしょう。会社員になったとしても、親から仕送りを貰いつつアルバイトをしていたとしても、どちらもお金のやりくりの大変さを実感するはず。

 

ましてや、一人暮らしを始めたばかりの頃というのは何かとお金がかかるもの。生活が落ち着けば出費を抑えることができるかもしれませんが、最初の頃はなんやかんやとかかってしまうのです。1ヶ月にどれくらいの生活費がかかるのかをシュミレーションしとくのと同時に、新生活をスタートさせるためにはどれくらいの初期費用がかかるのか…そこらへんも考えておかなくてはならないのです。


部屋を借りるのにはお金がかかる

まず、一人暮らしを始める上で真っ先に決めなくてはいけないのが住むところです。会社員であれば寮があるかもしれませんが、ないとなると自分で探さなくてはいけません。学生さんも同じで、寮がなければ学校の近くに部屋を借りなくてはいけないことになります。

 

部屋を借りるとなると、初期費用として家賃以外に礼金や敷金といったものがかかることとなります。最近ではどちらか一方を無料にしたりと、時期や会社によってお得なサービスがおこなわれていたりします。狙ったお部屋で、そういったサービスがおこなわれていたらラッキーですね。

 

ちなみに、礼金や敷金では大体1〜2ヶ月分の家賃を払います。礼金は大家さんに支払うお部屋を借してくれた事への一時金であり、敷金とは、住んでいる間にどこか破損してしまった場合に、修理費として使うお金です。前もって預けておく事で、もしもの際にお金を用意する必要がありません。大きな破損がなくお金が余っているようであれば、それは退去する際に返却されます。また、家賃を滞納するとここから弾かれることもあります。

 

お部屋に入居する際には、大きなお金がかかります。この礼金や敷金以外にもありますので、全部でどんな項目があり、どれくらいのお金がかかるのか把握するようにしなければ、お金が足りずに部屋が借りられない…なんてことになってしまいますので要注意です。


敷金と礼金以外に必要となるものは?

部屋を借りる際の基本の初期費用としては、礼金や敷金以外に仲介手数料・前家賃・保険料・鍵交換費用といったものがあります。

 

仲介手数料…宅建業者に不動産取引の仲介(媒介)をしてもらったときに支払う報酬。宅建業者以外が請求するのは違法となります。報酬額は国土交通大臣が決めており、それを超えてはいけない決まりとなっています。

 

前家賃…契約で前家賃となっている場合は、翌月の家賃も一緒に払う。ちなみに、契約した日から家賃が発せするので、入居月の家賃は先に払うこととなります。1日が入居日であれば家賃1か月分となりますが、10日や15日、20日といった中途半端な場合は、日割り計算で払うものとなります。

 

保険料…ほとんどの物件で、火災保険に入ることが義務付けられています。2年単位での支払いになっており、更新時にまた新たに支払います。

 

鍵交換費用…入居する際に、お部屋の鍵を新しいものと交換します。以前住んでいた人が犯罪目的でスペアキーを作っていたら、やすやすと部屋に侵入されてしまいます。なにかと物騒な世の中ですから、鍵は変えたほうがいいでしょう。


初期費用を抑える為に…

部屋を借るには、初期費用に大きなお金がかかることとなります。なにせ、基準が家賃1ヶ月なのですから、毎月の家賃が高いほど初期費用も高額に…。なるべく安く抑えるためにと家賃を抑えてしまうと、あまり良い部屋を借りることができませんので、どうしても初期費用が大金となってしまうのですね。

 

ところが、最近では礼金や敷金がタダでいい…といった物件も増えてきています。それだけ入居者を獲得するのが大変だということなのですが、入居者からしてみれば、これはとても嬉しいサービスです。初期費用を大幅に抑えることができます。

 

ただし、手放しで喜べるものではありません。礼金と敷金がタダになるということは、その物件の条件があまり良くない事もあるのです。例えば、駅からかなり遠く離れていたり、築年数が古かったり、契約期間が決められてたりと…それなりのデメリットがある可能性が高いのです。

 

お金借りたい 即日


更新履歴